Author Archive

『町でうわさの天狗の子』第12巻感想【ネタバレなし】

2014/01/30

すっかりご無沙汰しております、きどころです。
2014年1月に発売された第12巻を以って、岩本ナオ『町でうわさの天狗の子』が完結しました。
大好きな作品なので、嬉しくもあり寂しくもあり、複雑な心境です。
ですが、個人的には本当にいい完結の仕方をしたなと感じたので大いに満足のいく作品だったと思います。
まずは、ネタバレをなるべくしない観想をしたためます。
(さらに…)

まどか☆マギカオンライン みんなでテスト参加感想

2012/08/11

8月9-10日に実施された、まどか☆マギカオンラインのクローズドβテストに参加してきましたので簡単に特徴やら感想やらのまとめをば。

(さらに…)

ハヤカワ文庫:『ミストボーン』シリーズ

2012/07/7

今年も御多分にもれず夏風邪を引きました。きどころです。冬には引きません。

今回は趣向を変えて、海外ファンタジー小説を紹介しようと思います。
ハヤカワ文庫から刊行されている、ブランドン・サンダースン著『ミストボーン』です。
(さらに…)

近況報告とこれからの方針について。

2012/03/17

すっかりご無沙汰してしまっております。きどころです。
件の震災からはや一年。本当に早いものです。
幸い、私の済んでいる地域は揺れこそしたものの家屋倒壊やら液状化現象やらの目立った被害はなく、比較的早い段階で普段の生活に戻ることはできました。

長らくブログの更新が止まっておりましたが、ぽつりぽつりと更新していこうと思っております。
あまり肩肘張って凄いものを書いてやろうと思うことはとりあえずやめて、自分が面白いと思ったもの、人に勧めたいなと思ったものについて、素直に書けていければなあ、とぼんやり思ってます。
あまり気張ると結局何も書けなくなってしまう性分でして……。

迷走を続けるブログではありますが、今後とも宜しくお願いいたします。

普通志向のお山の子――『町でうわさの天狗の子』考

2011/01/21

明けましたおめでとうございます(事後)、きどころです。
本年もごういんまいうぇいさぶかるちゃーをよろしくお願い致します。
2011年最初の記事は、岩本ナオ作『町でうわさの天狗の子』をご紹介いたします。
(さらに…)

これから読む人の為の萩尾望都

2010/12/29

2010年最後の更新は、昔取った杵柄で大変恐縮ではございますが、私が学部から大学院で専攻して研究しておりました、少女マンガの表現のパイオニア・花の24年組の一人、萩尾望都の作品について、つらつらと書いていこうと思います。
昨年デビュー40周年を迎えた萩尾氏は、当然ながら非常に多くの作品を発表しています。
中には、高く評価されているもののクセが強く読みにくい作品、あまり注目はされていないけれども非常に面白く注目に価する作品などもあるわけです。
今回は、「とりあえず話に聞いたことはあるけど、どれから手を付けたらいいのか分からない」という方に向けて入手しやすく、導入として取っ付き易い作品を収録した文庫版を紹介していきます。
(さらに…)

『四畳半神話大系』キャラクターの顔に関する雑感

2010/12/3

ご無沙汰しております、きどころです。
今回はアニメ版『四畳半神話大系』について思いついたことをつらつらと書き連ねていこうと思います。
今年の春にフジテレビ系列ノイタミナ枠で放送されていたのですが、先日DVD/BDの最終巻が発売されましたので作品完結の区切りとしていいんじゃない?というこじつけと、改めて最終話を見て気になったことがあったのでこのタイミングでの執筆となりました。
言い訳はさておき、最終2話という物語のオチの部分に関わる部分を材料に話をしようと思いますので、視聴しておらずネタバレの気になる方以外で、続きを読むをクリックしていただければ幸いです。

(さらに…)

1周年企画・持って行くなら墓にまで!二人のおすすめ作品紹介

2010/09/29

当ブログ「ごういんまいうぇいさぶかるちゃー」もお陰さまで1周年を迎えることができました。
これもひとえに読者の皆様のお陰です。
さて今回の更新では、1周年記念記事と銘打って桐絵ときどころの対談+αで、ちょっとラフな感じでお送りします。
のっけからちょっと長めなので詳細は続きを読むからどうぞ。

(さらに…)

トレパクに関する雑感

2010/08/3

すっかりご無沙汰しております、きどころです。
諸々が長丁場過ぎて心がへし折れるかと思いましたが、何とか生きております。

さて、今回の記事はイラストやマンガのトレースについての話をしようと思います。
つい先日、発行した同人誌及び作品を公開しているウェブサイト上のほぼすべてのコンテンツが他の人の作品や、プロの写真家による有料の素材用写真のトレパク*なのではないか、という疑問が投げかけられている割と悪質な同人作家のまとめ記事を読みまして…。そもそも、同人誌などにおけるパクリ・トレースの問題は昔からあり、検証サイトのリンク集**も存在しているほど根の深い問題といえます。
また、糾弾する掲示板においても「何が問題なのかわからない」「二次創作自体が大体原作のパクリなんだからそれぐらいいいじゃない」という書き込みがあり、私個人として思うところがあった為、筆をとった次第です。
*トレースによるパクリの省略形で、他人の作品のトレースで作られた作品を指す
**盗作問題検証リンク集
(さらに…)

Final Fantasy 13プレイ後感想対談

2010/05/18

今回はきどころ・桐枝共に同時期にFinal Fantasy 13をクリアしたという事で、当ブログでは初となる対談形式のレビューをお届けします。
互いに語る事が多かったため、比較的長文となっていますがご容赦下さい。

では続きからどうぞ。

(さらに…)