Archive for the ‘コラム’ Category

普通志向のお山の子――『町でうわさの天狗の子』考

2011/01/21

明けましたおめでとうございます(事後)、きどころです。
本年もごういんまいうぇいさぶかるちゃーをよろしくお願い致します。
2011年最初の記事は、岩本ナオ作『町でうわさの天狗の子』をご紹介いたします。
(さらに…)

在北米日本人ヲタでも何とかやっていけるワケ

2010/12/30

2010年も残すところあと僅かとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今年最後の記事は今までのレビューとは少し雰囲気を変えて、海外でのアニメ事情的な話を。

当ブログに何度か足を運んでいただき、一度でも管理人のプロフィールをご覧になったことのある方なら既知のことかと思いますが、現在桐枝はカナダ・バンクーバーに住んでおり、北米滞在歴は大体17年ほどになります。
にもかかわらず、日本のサブカル(アニメ然り漫画然りゲーム然り)関係のネタにはそれなりについて行けている理由――即ち、如何にして海外に居ながら各種ヲタ系アイテムを入手するかに関して、今日は少し書いてみたいと思います。続きよりどうぞ。
(さらに…)

これから読む人の為の萩尾望都

2010/12/29

2010年最後の更新は、昔取った杵柄で大変恐縮ではございますが、私が学部から大学院で専攻して研究しておりました、少女マンガの表現のパイオニア・花の24年組の一人、萩尾望都の作品について、つらつらと書いていこうと思います。
昨年デビュー40周年を迎えた萩尾氏は、当然ながら非常に多くの作品を発表しています。
中には、高く評価されているもののクセが強く読みにくい作品、あまり注目はされていないけれども非常に面白く注目に価する作品などもあるわけです。
今回は、「とりあえず話に聞いたことはあるけど、どれから手を付けたらいいのか分からない」という方に向けて入手しやすく、導入として取っ付き易い作品を収録した文庫版を紹介していきます。
(さらに…)

トレパクに関する雑感

2010/08/3

すっかりご無沙汰しております、きどころです。
諸々が長丁場過ぎて心がへし折れるかと思いましたが、何とか生きております。

さて、今回の記事はイラストやマンガのトレースについての話をしようと思います。
つい先日、発行した同人誌及び作品を公開しているウェブサイト上のほぼすべてのコンテンツが他の人の作品や、プロの写真家による有料の素材用写真のトレパク*なのではないか、という疑問が投げかけられている割と悪質な同人作家のまとめ記事を読みまして…。そもそも、同人誌などにおけるパクリ・トレースの問題は昔からあり、検証サイトのリンク集**も存在しているほど根の深い問題といえます。
また、糾弾する掲示板においても「何が問題なのかわからない」「二次創作自体が大体原作のパクリなんだからそれぐらいいいじゃない」という書き込みがあり、私個人として思うところがあった為、筆をとった次第です。
*トレースによるパクリの省略形で、他人の作品のトレースで作られた作品を指す
**盗作問題検証リンク集
(さらに…)

書籍を持つ、ということ。

2009/11/8

http://4510plan.jp/360/newscolumn/11248/
相方から投げられたこの記事、なるほど確かにマンガをデジタルベースで読むための地盤が整いつつあるってことですね。
しかしまあ、デジタルと紙と双方に利点はあるし、どちらがメディアとして正しいのか?という議論はナンセンスなので、ペーパーレスでお得感漂うデジタルマンガの技術が台頭しても、相変わらず紙媒体の単行本が出版され、デジタルベースで発表された作品さえも書籍として単行本化されるのか?デジタル化の時代に紙媒体で出版することの意味についての意見を書き散らしてみたいと思います。
記事に関しては、デジタルで原稿を作る、という点とデジタルベースで作品を発表する、という点が綯い交ぜになっている感がしますが、ここではデジタルベースでの作品発表云々に関してのお話をしようと思います。
(さらに…)