Archive for December, 2009

京都精華大学国際マンガ研究センター第一回国際会議

2009/12/19

12月18日、今日と国際マンガミュージアムで開催された、京都精華大国際マンガ研究センター主催の国際会議に参加してまいりました。
諸般の事情で、前半の次世代シンポジウムにしか出席できなかったのが悔やまれますが、とりあえずは次世代シンポについてまとめてみようと思います。

本シンポジウムは、「世界のコミックスとコミックスの世界――グローバルなマンガ研究の可能性を開くために」と銘打たれ、外国人研究者や、翻訳・海外マンガ研究で活躍中の若手研究者による日本のマンガのみによらない、世界に開かれた場としてのマンガ研究に関する提言を主題とした、マンガを研究する上での新たな枠組みについてを考えるための研究発表およびディスカッションが行われていました。

次世代シンポジウムは、合計6人の研究者によって発表が行われ、マンガ論の枠組みの今後を考えるにはどうしたらいいか、今現在世界中に存在する”マンガ様”の表現メディアを学術的に語るにあたっての”手落ち”の指摘など、非常に示唆にとんだものでした。
その中でも、ネラ・ノッパ氏とパトリック・W・ガルバレス氏がそれぞれ議論の対象とした、ファンアート、おたく文化に関する発表が個人的に非常に興味をそそられました。
大まかな発表内容は

ノッパ氏
・マンガを論じる際には、”プロ”として出版社から作品を出版している作家のみが注目されがちだが、アンダーグラウンドとして押しのけられている二次創作(ファンフィクション等のファン活動)の流れも非常に大きく、無視するべきではないのではないか。著作権という法律に抵触するから、という理由で黙殺していては、かつてアカデミックな場において”コミック(マンガ)研究”が軽視されていたことと同じ轍を踏むことになりかねないのではないか。

ガルバレス氏
・二次創作もオリジナルも含む同人活動は、かつてのアングラとしての劇画と同様、メインストリームのメディアとしてのマンガからは切り離されたエッジの部分として、より個の欲望に接近したクリエイティヴセンターとしての役割を果たしている。また、同人活動からプロになる=アングラで修練を積み、スキルアップすることで、メインカルチャーにも通用する実力を得て表舞台に立つ作家もたくさんいることから、同人というアングラ部分も、出版されたマンガと同様に研究対象として考慮に入れるべきである。

いずれも、何か大き業績やインパクトを伴った作品・作者を扱う、権威主義的なところがあるマンガを論じるフィールドに対する疑問を投げかけています。
確かに、話題になるのは時代を変えた、あるいは表現のあり方を変えたとされる作家や作品が注目される傾向にあり(当たり前のことですが)、アマチュアの作家や著作権ギリギリの部分にある二次創作としてのファン活動は、まだまだ十分に語られていないな、とは感じられます。
両氏とも、権威付け云々以前に、プロもアマも描いているのは”マンガ”の様式の作品なのだから、同等に考えるべきではないか、と述べていました。
私個人としても、二次創作的な作品(マンガなりイラストなりいわゆる同人グッズなり)を作る、という経験も含めた読書経験――石田佐恵子*によって指摘された、より深い作品世界への耽溺としての模写、という文脈とひきつけると、二次創作物も読者が作品を読むことで感じた欲望をアウトプットする、という意味で模写同様の作品への耽溺と理解できます――であると考えていますので、作品受容論の側面からも、こうしたおたく活動は論じられるべきだと考えております。
対象の裾野があまりに広過ぎる、という問題や一次資料としての同人誌の入手が難しい(論者は所有していても、論文読者が入手できるとは限らない)という問題があるので、一朝一夕で論じることは出来ないとは思いますが…。
タフな課題である分、語る上での可能性は多いにあると考えられます。

*石田佐恵子「〈少女マンガ〉の文体とその方言性」『コミックメディア 柔らかい情報装置としてのマンガ』1992年 NTT出版