Archive for December, 2010

在北米日本人ヲタでも何とかやっていけるワケ

2010/12/30

2010年も残すところあと僅かとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今年最後の記事は今までのレビューとは少し雰囲気を変えて、海外でのアニメ事情的な話を。

当ブログに何度か足を運んでいただき、一度でも管理人のプロフィールをご覧になったことのある方なら既知のことかと思いますが、現在桐枝はカナダ・バンクーバーに住んでおり、北米滞在歴は大体17年ほどになります。
にもかかわらず、日本のサブカル(アニメ然り漫画然りゲーム然り)関係のネタにはそれなりについて行けている理由――即ち、如何にして海外に居ながら各種ヲタ系アイテムを入手するかに関して、今日は少し書いてみたいと思います。続きよりどうぞ。
(さらに…)

これから読む人の為の萩尾望都

2010/12/29

2010年最後の更新は、昔取った杵柄で大変恐縮ではございますが、私が学部から大学院で専攻して研究しておりました、少女マンガの表現のパイオニア・花の24年組の一人、萩尾望都の作品について、つらつらと書いていこうと思います。
昨年デビュー40周年を迎えた萩尾氏は、当然ながら非常に多くの作品を発表しています。
中には、高く評価されているもののクセが強く読みにくい作品、あまり注目はされていないけれども非常に面白く注目に価する作品などもあるわけです。
今回は、「とりあえず話に聞いたことはあるけど、どれから手を付けたらいいのか分からない」という方に向けて入手しやすく、導入として取っ付き易い作品を収録した文庫版を紹介していきます。
(さらに…)

『四畳半神話大系』キャラクターの顔に関する雑感

2010/12/3

ご無沙汰しております、きどころです。
今回はアニメ版『四畳半神話大系』について思いついたことをつらつらと書き連ねていこうと思います。
今年の春にフジテレビ系列ノイタミナ枠で放送されていたのですが、先日DVD/BDの最終巻が発売されましたので作品完結の区切りとしていいんじゃない?というこじつけと、改めて最終話を見て気になったことがあったのでこのタイミングでの執筆となりました。
言い訳はさておき、最終2話という物語のオチの部分に関わる部分を材料に話をしようと思いますので、視聴しておらずネタバレの気になる方以外で、続きを読むをクリックしていただければ幸いです。

(さらに…)